« 小沢氏の優れた政治能力が民主党内で権力争いが起きた原因の一つだと思う | トップページ

2010年6月15日 (火)

悪魔の予言者 副島隆彦

人にとって希望は大切なモノだ。つらく苦しく難しい人生に、一筋の光を与えてくれるのが希望だ。希望があるからこそ、人は絶望しないで生きていける事が出来る。

愚かな人類はパンドラの箱を開け、数多くの災厄が世に出てきた。人類は不幸な人生を背負う運命となった。それでも人類が絶望しないで生きていける事が出来るのは、希望があるからだ。

そんな人類にとって儚く大切な希望を打ち砕くのが、悪魔の予言者・副島隆彦である。

悪魔の予言者・副島隆彦は嫌な人間である。嫌な人間どころではない。悪魔だ。副島隆彦は悪魔そのものだ。

希望で彩られた人生をせせら笑うかのように現実を突きつけ、つらく苦しく難しい人生へと誘う。

人は見たくないのだ!つらく苦しく難しい人生など誰も見たくないのだ!

それでも希望にすがりつく人間たちを、悪魔の予言者・副島隆彦は甘い香りがする言葉で人を惹きつける。「これが真実だ。これこそが真実だ」と。

人は認めたくないのだ!つらく苦しく難しい人生が真実だとは認めたくないのだ!

希望こそが人類にとっての真実なのだ!だからこれ以上、我々の希望を壊さないでくれ!

悪魔の予言者・副島隆彦は笑いながら言う。「その希望は本当に真実なのかね?もしかしてゼウスがパンドラの箱に入れたのは偽りの希望ではないのかね?希望という名前に騙されているだけではないのかね?」と。

人が見たくもない本当の真実を突きつけてくる。本当に嫌な人間だ。嫌な人間どころではない。悪魔だ。副島隆彦は悪魔そのものだ。

だが、偽りの希望を失い絶望の淵にいるにもかかわらず、なぜか一筋の光が見える。

ああ、そうか。絶望の淵に立って初めて、真実の希望は見えるのか。つらく苦しく難しい人生だが、真実の希望だけは絶望の淵にあるのか。

副島隆彦は嫌な人間だ。嫌な人間どころではない。悪魔だ。副島隆彦は悪魔そのものだ。だが彼は予言者でもある。真実の希望を灯す悪魔の予言者なのだ。

« 小沢氏の優れた政治能力が民主党内で権力争いが起きた原因の一つだと思う | トップページ

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375133/35273288

この記事へのトラックバック一覧です: 悪魔の予言者 副島隆彦:

« 小沢氏の優れた政治能力が民主党内で権力争いが起きた原因の一つだと思う | トップページ

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ